文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2019.07.01私が大切にしていること
作業療法士/N
私が当院に配属され1年が経過し、多くの出会いがありました。その中でも私が当院で働く意味を明確にしてくれた、とある患者様との出会いがあります。
これは70代の男性、A様とのお話です。A様は働いていましたが、2年前に発症したため病院へ入院、自宅退院を目指していましたが、病状の進行に伴い退院は困難とされ当院へ転院となりました。回復期病院からの転院であり、入院当初は前院との違いに不満を抱えていました。療養型病院の当院では生活が主体であるため、前院ほど多くのリハビリ提供は難しく、病状が不安定であったため、困難を要しました。介入当初は不満や悩み、希死念慮が聞かれることが頻回にありました。
そこで私とAさん、ご家族様とで実際にできることを、またA様にとって1番したいことに対して何度も話し合いを重ねました。
その中でA様には小さなお孫さんがいると知り、成長を見たいと希望されました。A様はタブレットを以前から使用していたため、私はA様にタブレット操作時のリスク管理を約束し、ご家族様にはお孫さんの写真や映像を送っていただくようにお願いをしました。取り組みを開始し、今では毎回のリハビリを楽しみにしてくれるようになり、普段の生活からも笑顔が多くなり、前向きな発言が多く聞かれるようになりました。

この出会いを通して私は、日々の訓練だけでなく、如何に生活に関わるかが重要であると痛感しました。生活の中で楽しさを見つけてもらう、そしてそれをサポートすることが自分の役割であり、意味であると考えています。
今後も患者様、ご家族様にとって有意義な時間を過ごせるように、日々の出会いを大切に努めていこうと思います。

TOP