文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2019.10.01ご家族様との交流も大切に
生活相談員/Y
西山の杜には、「週に○回」と決めて面会に来るご家族様が多くいらっしゃいます。
面会に来たご家族様とお話をしていると、「今一番辛いこと」「自分のことが誰かわからないときがある」など相談を受けることがあります。実際、入所者様のほとんどが、軽度から重度までの認知症があります。先程まで楽しく会話をしていたのに、少し時間が経つと今日初めて会ったかのように挨拶をされることもしばしばあります。
大抵のご家族様は、施設入所をさせてしまったということに引け目を感じることが多いです。なので、自分のことがわからなくなったり、認知症の症状が進んだりすると自宅で看ていたらもっとわかったかもしれない、もっと毎日面会に来ないといけないと思われる方が多いです。
熱心なご家族様ほど様々なことで悩まれます。
施設入所は、入所者様の介護だけではなくご家族様の声も積極的に聞きとり、悔いの残らない入所生活して頂くよう、これからも交流を深めていきたいと思います。

TOP