文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2019.09.02気持ちに変化をくれた言葉
介護職員/B
私はどちらかといえば、人に話しかけるのが苦手です。悩みの一つでもあります。そんな私の気持ちに、変化をくれた入居者の方のお話をしたいと思います。
その方は、以前入居されていたA様です。入居当初は、口調もきつく、職員や他の入居者の方に喧嘩腰のような言葉をおっしゃることもありました。しかし、グループホームの生活に慣れてくると、本当はさみしがり屋で、お話し好きな面も見えてきました。そんなA様に対し私が尊敬していたところは、入居者の方にどんどん話しかけていることでした。そして、入居者の方の話を聞いてくださっていたところです。認知症ということもありますが、それでも同じ話をする方にも、優しく話を聞いてくださっていました。当時の主治医の先生から「職員がもう一人いるみたいですね。」と、おっしゃって下さったほどでした。そんなある日、A様と話す機会があり質問してみました。すると「なんでそう思うの?」と、逆に聞かれてしまい私は正直に「苦手だから」と答えました。するとA様は「そうなの?もったいないよ。人は、何十年と生きてきてるでしょ。生きてきた分いろいろなことがその人の中にあるんだから、どんな勉強よりずっと勉強になるよ。だから私は話をするのよ。」その言葉に、私ははっとさせられました。ただただ苦手意識にばかり気がいっていた私にとって、とても胸に刺さる言葉でした。また、人の話を「聴く」ことの大切さも学ばせていただくことも出来ました。その後、A様は体調を崩され他の施設へ移動されました。もっといろいろお話をしたかったです。そんな風な気持ちにさせて下さったA様に感謝しています。A様の言葉を思い出しながら、仕事にも生かしていけたらと思います。

TOP