文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2021.10.01食べることの大切さ
管理栄養士/N
 いつも当たり前に朝・昼・晩と『食事』をしている、「毎日のメニューを考えるのが面倒」とかその程度のものにしか考えていない『食事』。それが当たり前に食べられない時期もいつかは来てしまいます。

 西山病院グループに勤めて2年目のこと、重度の誤嚥性肺炎を繰り返している90歳の患者様が入院されました。
 食事条件はベッド上で角度を30度、食事介助が必要、水分はジャム状のとろみが必要で特殊な嚥下用スプーンを使用、副食形態はミキサーの内容で食事を開始しました。入院当初は痰がらみも著明で、食事摂取時のムセも頻回でした。そのような状況でもご本人様はしっかりしており、シルバーカー歩行可能で耳だけが遠い状態でした。いつも食事介助には恐縮していた記憶があります。食に対しての意識は高く、本人は「自分の手で食べたい、普通(お粥)の食事が食べたい」と強い希望をお持ちでした。
 なんとかできないかと多職種で連携・相談し、嚥下訓練やリハビリを行い、食事内容を何度も検討しました。度々熱発し、食事中止・点滴のみという期間もありましたが、本人の食事に対する強い思いと頑張りがあって、1年がかりで常食・軟飯・一口大・薄いトロミにまで食事形態を上げることができました。
 本人は「誤嚥性肺炎を繰り返していたから、自分で普通の食事を食べられることができるなんて・・・思わなかった!本当によかった!!」とご家族様と共に喜ばれていました。
 その後、在宅復帰することが決まりご自宅へ戻られましたが、再度、誤嚥性肺炎を発症し入院されました。

 当たり前にできることや普段できていることが出来なくなってしまった時、人間は初めてその大切さに気付けます。
 口から普通のご飯が食べられることもその一つです。
 毎日の食事に感謝し、普通に食べられる喜びを教えてくれた出会いでした。

TOP