文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2021.04.01「日々のささやかな変化」
理学療法士/K
 私たちが日々リハビリを提供させていただく中で、急激な変化が起こることはあまりありません。気付かずに過ぎてしまうこともあるかもしれない、すぐには気付かないかもしれない、そんな「ささやかな変化」にほっこりとしたエピソードを紹介させていただきます。

 失語症で言葉がなかなか出ない、ある入所者様。
 いつもは「あーあーあー」と発声しているだけで、何を伝えようとしているのか分からないことがほとんどです。しかし、覚醒が良かったある日…リハビリの運動中にスタッフが「1、2、3、…」とカウントするのに合わせ、「あー、あー、あー、…」と発声してくれたのです。
 コミュニケーションが取りづらい方の場合、なかなかご本人の気持ちを聞くことが出来ないため、「このリハビリは嫌じゃないかな?」「辛くないかな?」と思っても、確認が取れないことがあります。
 ただ、一緒にカウントしてくれた様子を見て、前向きにリハビリに参加されているのだということが分かり、とても嬉しかったです。

 これからも「ささやかな変化」を見落とさないように、リハビリを継続していきたいと思います。

TOP