文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2020.06.01「思い出に残るかかわりを」
理学療法士/N
 西山病院リハビリテーション課では、平成31年度より年に1回程度、入院・入所している患者様を対象に、社会交流の一環として外出レクリエーションを実施してきました。
 参加された患者様は、食事や買い物・当時の趣味活動を楽しまれていました。
 1、2年経った今でも「また行きたい」「あの時食べたお寿司がおいしかった」「この靴下は外出したとき一緒に買ったのだよ」等、お話されることが多くあります。当時のことを鮮明に覚えており、お互いに懐かしく感じることがあります。入院生活が長期化し、外出機会のほとんど無かった患者様が参加され、社会交流と気分転換が図られ、思い出の一部となっていたと考えます。

 当院では現在、新型コロナウィルス感染予防で、面会・外出制限を設けています。家族、友人との交流機会が減り、日々寂しさ、退屈さを訴える方が多くいます。
 今年度の外出レクリエーション開催は現在未定ですが、引き続き日々のかかわりの中から患者様の思い出に残り、楽しみとなる活動をしていければと思います。

TOP