文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2020.03.02うれしかった出来事
介護職員/C
 グループホームでは、認知症の方がその人らしく過ごしていただくために、どのように対応していけばよいかを考えながらケアを行っています。

 今回は入居者B様についてお話ししたいと思います。
 B様は70代と私たちの施設の中でも若く、積極的にお手伝いも行ってくださっています。「働かせてね。働くことが大好きだから。」と、笑顔で私たちにかけて下さる言葉です。そんなB様が喜ぶことは何だろうか、と考えていました。
 ある日の入居者C様のご家族様が、面会に来られた日のことでした。おやつ準備をB様としていたため、お客様にお茶を入れてほしいとお願いしてみました。すると「私でいいの?」と戸惑われていましたが、お茶を入れてくださいました。その後、B様と一緒にお茶を届けるため、C様のご家族のもとへ伺いました。C様のご家族に、B様がお茶を入れて下さったことを伝え、退室しました。C様のご家族が帰られる時のことです。ソファーで過ごしていたB様のところへ、C様のご家族が「先ほどはお茶をありがとうございました。とてもおいしいお茶でした。」と声をかけてくださったのです。その時のB様は驚いた表情をされていました。C様のご家族が帰られた後、スタッフのところへB様が来られ「知らない人に褒められたの。お茶を入れただけなのに、こんなに感謝されるなんて!」と、それは今までの笑顔とは比べようのないものでした。それを見た私も、とてもうれしい気持ちになりました。
 C様のご家族のやさしさにも感謝しかありません。何が正解かとても難しいことですが「その人らしく生き生きと」を忘れずに、今後も仕事に向き合っていきたいと思います。

TOP