文字サイズ
  • 標準
背景色

西山スマイル介護職員や看護師の出会った、ちょっと感動するお話をお届けします。

2019.11.01今年の夏の忘れられない、入所者様との関わり
看護師/Y
今年の夏の夜勤中の出来事です。
部屋に見まわりに行くとT様が手招きし、「ちょっと、ちょっと」と看護師を呼んでいました。その日はちょうど佐鳴湖の花火大会で、外ではドン・ドンと花火の音が聞こえていました。T様は今年の4月に入所され、当初は自分から話す事はほとんどなく、目を閉じていることが多い方でした。徐々に全身状態の悪化がみられましたが、この頃は状態がやや持ちなおし、発語も増えていました。私は、手招きをして呼んでくれたT様と一緒に花火が見たいなと思い、窓のカーテンを開けて、花火が見えやすい場所にベッドを移動し、一緒に花火鑑賞をしました。「あ、見えた、見えた」と喜んで花火を見ているT様の姿をみて、私もとてもうれしい気持ちになりました。
入所者様が喜んでくれたり、いつもとは違う反応をみることができると、自分もとても嬉しくなり、もっと何かしたいなと思うようになります。
現在T様はお話したり、何かに反応したりすることは無くなってしまいましたが、残された時間を、T様とご家族様が穏やかに過ごしていただける様にこれからも援助していきたいと思います。

TOP