新着情報

第19回院内研究発表会が開催されました

2017.03.16

3月7~9日の3日間、西山病院グループの研究発表会が行われました。今回は開催日を1日増やして3日間の開催でしたが、延べ458名の参加があり意識の高さがうかがえました。

 1日目

  1.日中、傾眠傾向のある患者様へ手浴を試みて

         ~手浴が傾眠傾向の改善につながるか~

  2.ケアに対するモチベーションの維持、向上に向けた取り組み

         ~ハッピーカードを導入して~

  3.どの職員もわかるように日常生活を共通化する事で、より良い職場環境が出来るか

         ~5S活動を導入して~

  4.ハンドロールの工夫 ~皮膚トラブルは改善できるか~

  5.言葉遣いの改善を目指して ~職員の意識調査を行って~

  6.とあるエピソードを契機として、病棟内四点杖歩行が可能になった1症例

 2日目

  1.高齢者の内出血・創傷を減少させるための取り組み

          ~アームカバーの改良を試みて~

  2.職員の対応能力の向上を目指し、エゴグラムを取り入れた試み

          ~入居者の居心地の良い環境を作るために~

  3.食事摂取量低下のある患者に対するアロマセラピーの有効性について

  4.穏やかに歯磨きをしていただくための取り組み

  5.ご利用者へのアンケート調査を通して分かったこと

 3日目

  1.接遇に対する意識調査 ~相手の立場に立った言葉掛けを行って

  2.足病変に対する職員の意識と観察力を高めるための取り組み

  3.受傷インシデント減少への取り組み ~入浴時の移動・移乗方法を体験して~

  4.睡眠障害のある方への関わり ~アロマセラピーを実践して~

  5.当院における言語聴覚士の役割と今後の展望

          ~ST開設から1年間の言語聴覚療法及び摂食機能療法の診療実績をもとに~

image1