ごあいさつ

理事長あいさつ

創設の志を忘れることなく、未来へ前進

西山病院グループの中核的存在である西山病院は、昭和56年(1981年)、初代の故・渡邉庸一理事長によって創設されました。以来、高齢者医療・介護の分野で地域の皆様のお役に立てるよう、緑あふれる豊かな環境の中で、安心・充実の介護医療サービスを提供して参りました。
初代理事長が西山病院を開設した際の基本理念、志は「お年寄りに安住の地を提供する」ことです。初代の跡を継いで理事長の重責を担う私は、この志を一時も忘れることがありません。医療と介護の高度な連携により、高齢者が安心して療養できる環境を提供できるよう、この地域における高齢者医療・介護の役割の一端を果たしてゆきたいと願っています。
現在、わが国は更なる超高齢社会を迎えつつあり、これからの医療と介護の形は大きく変化していくと思われます。今後、社会全体が困難な問題に直面するかもしれませんが、そうした中でも、西山病院グループは地域の皆様のご期待に応えるべく、質の高い医療・介護を通して未来へ前進してゆきたいと考えております。

医療法人社団一穂会・西山病院グループ 理事長 脇 慎治(専門 外科)

略 歴

昭和41年
長崎大学医学部卒業
昭和46年
長崎大学大学院医学研究科卒業
 外科医として診療に携わる
昭和48年
県西部浜松医療センター 勤務
平成13年
県西部浜松医療センター 院長就任
平成20年
医療法人社団一穂会 理事長就任 現職に至る

院長あいさつ

利用者の皆様を支える「三つの安心」

西山病院グループご利用者様とご家族様が心から安心して任せられる病院を目指して、私たち医師、看護、介護、リハビリ、事務等スタッフは、三つの「安心」を皆様に提供できるよう、常に心がけています。
一つ目は、充実した医療体制の「安心」です。当グループには、循環器、消化器、呼吸器、外科、整形外科、心療内科などの専門医が常勤で勤務しております。また、糖尿病や皮膚などを専門とする非常勤の医師もおり、ほぼすべての医療分野をカバーする総合病院並みの医療体制を整えています。
二つ目の「安心」は、患者さんを待たせないということです。相談員による適切な判断により、相談を受けてから1〜2週間という短期間で入院が可能です。また、患者さんの状態に応じてグループ内の施設を利用でき、夜間の急な病気の変化にも医師や看護師が迅速に対応します。
そして三つ目は、患者様とご家族様の心をケアする「安心」です。充実したスタッフによる丁寧なサービスや、施設内の様々なレクリエーション、行事などにより、住み慣れたご自宅で暮らすような安らぎを提供したいと考えています。
これら三つの「安心」を通して、西山病院は地域になくてはならない高齢者医療・介護施設として、これからも精進してまいります。

医西山病院 院長 橋爪一光

略 歴
資 格

昭和47年
群馬大学医学部卒業
 呼吸器科医として診療に携わる
昭和57年
県西部浜松医療センター呼吸器科 勤務
平成14年
浜松医科大学臨床教授
平成20年
県西部浜松医療センター 副院長就任
平成26年
医療法人社団一穂会 西山病院長就任 現職に至る

日本内科学会認定医指導医、日本呼吸器学会認定医指導医、日本呼吸器内視鏡学会認定医指導医、日本アレルギー学会専門医、日本老年病学会専門医、日本感染症学会指導医、日本東洋医学会指導医、日本医師会認定産業医

看護部長あいさつ

誠心誠意の看護を尽くし、「選ばれる病院」へ

私は、宮崎県ののどかな田舎町で生まれました。懐かしい故郷と言える場所です。平成5年に西山病院へ就職し、介護保険制度が開始される頃からは、南館の個室病棟で師長として経験を積ませていただきました。平成29年4月より看護部長を拝命し、微力ながらお役に立てればと考えております。信念は、「誠心・誠意」です。ご利用者様が穏やかに過ごしていただけるよう、そして、ご家族様に安心していただけるよう、ご利用者様・ご家族様の「思い」をしっかりとお聞きして、心のこもった看護を継続させていただきます。
看護職員の教育にも力を入れております。知識はもちろんの事、専門職としての責任、正確な判断など、個々の特性を知り、持てる力を発揮できる人材を育成していきたいと考えております。
「急性期の病院での治療を終えたけど、今の状況では在宅の介護は心配」。そんな風に悩まれている方は、お気軽に西山病院グループへご相談ください。分かりやすくご説明させていただき、見学も受け付けておりますので、ぜひ院内の様子を直にご覧になっていただきたいと思います。今後も地域の皆様に貢献できるよう、誠心誠意の看護を行い「選ばれる病院」を目指して行かなくてはと考えております。

西山病院グループ 看護部長 今別府厚子

看護部長あいさつ

利用者様に信頼されるケアの質の向上を目指して

西山病院グループでは、ご利用される皆様の目線に立った質の高い介護を目指しております。この先、ますます超高齢化が進む中、介護という問題は避けては通れない大きな課題となります。そして、私ども介護を提供する側にも、求められるものが大きく変化してきています。
これらを踏まえ、利用される方に満足していただける生活を提供できるよう、他の多くの職種(医療・看護・ソーシャルワーカー・歯科衛生士・リハビリ・栄養等)と、連携をとり情報を共有しケアを行っております。介護職員もそのチームの一員となり、一人ひとりのニーズに合った、きめ細やかなサービスを心掛けてご本人の療養生活を支援しています。
今後もさらに専門職として介護の質の向上を目指し、人を思いやる「心」を育み、倫理感あふれる介護職員の育成に努めていきます。そして利用者様、ご家族様から信頼をいただき、安心して過ごしていただける西山病院グループでありたいと考えます。

西山病院グループ 総介護長 桐林博子